劇団新感線、中村倫也さんの安倍晴明!

エニアグラム

ビジネス陰陽師の吉川です。

先日、劇団新感線の、
中村倫也さん主演の、
安倍晴明の歌舞伎(?)を
観劇しましたので、
そのお話です。

中村倫也さんの安倍晴明

ときは平安時代の中頃。
貴族たちが雅(みやび)な
宮廷生活を送る京の都。

そこで宮廷陰陽師として
仕える安倍晴明。

ある夜、九つの尾を持つ凶星が
流れるのを見た彼は急いで参内する…

物語はそんなところから始まります。

ストーリーが分かりやすく、
テンポや場面転換が早く、
全てのキャラが立っている、
素晴らしい演劇(歌舞伎?)でした。

今までで見た舞台の中で
ベスト1になるくらい、
面白かったです!

分かりやすいストーリー

清明の陣営と、九尾の陣営と、
宮廷の陣営。

3つの陣営がそれぞれの思惑で
ストーリーが動いていくのですが、
どんでん返しも多くて楽しめるものの、
非常に分かりやすいストーリーでした。

「今何の話だっけ?」と迷うことがなく
物語に没頭できるのは助かりますし、

要所要所に出てくるギャグやメタい発言が
適度に笑いを誘い全く飽きさせません。

テンポや場面転換の早さ

幕を下ろすことなく、場面セットを
上下左右に目まぐるしく動かすことで
メリハリを作り出しています。

またセリフと完璧に合わせた
光や音、セットの移動は本当に
見事でした!

そして全然、
「歌舞伎感(?)」はありませんでした!

全てのキャラが立っている

主役の安倍晴明(中村倫也さん)と
敵役の利風(向井理さん)の2人はまさに別格。
際立つ存在感と演技力でした。

そして興味深いことに
エニアグラムで分析してみると
綺麗にそのキャラが分かれます。

タイプ1:検非違使
タイプ2:姉の狐霊
タイプ3:弟の狐霊、元方院
タイプ4:利風
タイプ5:左大臣
タイプ6:安倍清明
タイプ7:右大臣
タイプ8:悪兵太
タイプ9:堂満

だからこそ、それぞれのキャラが
カブることなく際立っており、
「あれ、誰だっけ?」という混乱を
全く起こさず、物語に没頭させるの
でしょうね。

劇団新感線の力!

客席はコロナ禍ではあるものの
感染対策もしっかりされ、ほぼ満席。
グッズも飛ぶように売れていました。

長らく自宅にこもる期間が
長かったからこそ、素晴らしい作品には
たくさんの人が集まるのでしょうね。

劇団新感線の力のすごさを感じました。

もし可能なら是非、
見に行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました