カブキの未来 ~初音ミクと中村獅童~

陰陽五行論

ビジネス陰陽師の吉川です。

今日は、
歌舞伎俳優の中村獅童と、
バーチャルシンガーの初音ミクの
夢のコラボ「超歌舞伎」のお話です。

初音ミクと中村獅童のコラボ「超歌舞伎」

大きな話題になっており、
ニコニコ動画でも生中継される、
「超歌舞伎」(ちょうかぶき)

京都の歌舞伎劇場 南座での公演です。

ホームページの紹介文では、
次のようになっています。

歌舞伎俳優の中村獅童と、
バーチャルシンガーの初音ミクが
夢のコラボ!

伝統文化「歌舞伎」と、
最先端技術「ボーカロイド」が融合した
「超歌舞伎」
2年振りに満を持して南座にて上演!

歌舞伎の進化系「超歌舞伎」

「超歌舞伎」と銘打っているだけあって
通常の歌舞伎にはない要素がたくさんあり
面白かったです。

・通常の歌舞伎にはない
 ド派手な音楽や演出

・オープニングやエンディングの
 ハイクオリティの映像

・リアルの中村獅童さんを始めとする
 俳優さん・女優さんたちと
 バーチャルの初音ミクの掛け合い

・ペンライト(サイリウム)を振ると
 映像に影響を与える演出

・ニコニコ動画でも見られる
 オンラインでも楽しめるような
 構成や演出

などなど、新しい要素がたくさん
ありました。

エンディングでは写真撮影も可能です!

まさに歌舞伎の進化系だと思います。

伝統的な古典と最新技術の融合

中村獅童さんが子役をしていた頃、
お父さんが歌舞伎役者を廃業し、
その後、歌舞伎の本流からは外れます。

そして中村獅童さんは多数の映画や
ドラマに出演するようになり、
大活躍するのですが、自身が本流から外れた
歌舞伎界にも新しい風を吹き込み始めます。

「歌舞伎を見たことのない人々に
 歌舞伎を知って欲しい」
という思いから

新しい歌舞伎、進化した歌舞伎に積極的に
取り組んでおり、その歌舞伎も大人気に。

初音ミクとの共演の「超歌舞伎」では
最新技術を駆使してバーチャルとのコラボを
実現する一方で、

下座音楽や義太夫節の語り、
衣装や立廻りの型はすべて古典から来ており、
歌舞伎を知る人々はどの演目からか
気付くものだといいます。

つまり伝統的な古典の伝統を守りながらも、
より多くの人に楽しんで見てもらえる
ように、最新技術によってさらなる進化を
させているのです。

陰陽五行論や帝王学も時代に合わせ進化させたい

生意気ながら、私も2500年間、
東洋哲学として脈々と続いてきた
陰陽五行論や帝王学を現代版にし、

多くの方に使っていただきたい、
役立てていただきたい、
心を楽にしていただきたいと考えています。

(私の師匠もそういう方です。)

より面白く、分かりやすいものにして
お伝えしていく工夫を続けていきたいと思い、
今日もそんな思いを新たにしました。

今後ともよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました