なんばグランド花月で見た、本当のプロとは?

日常や趣味等

ビジネス陰陽師の吉川です。

今日は、ものすごく久しぶりに
なんばグランド花月に行って、
真のプロを見たと思いましたので、
そのお話です。

吉本オールスター!

たまたま時間があったので、
20年ぶりくらいに、
なんばグランド花月の講演を
見に行ってきました。

・オール阪神・巨人さん
・西川きよしさん
・ザ・ぼんち

関西の方には失礼で申し訳ないのですが、
「え!?まだ現役で舞台に
 立ってらっしゃるんですか!?」

というお笑い界のレジェンドたちに
たくさん笑わせていただきました。

そして、新喜劇でMr.オクレさんを
観た際には泣きそうになりました。。。!
(エネルギーが全然ないのが
 やっぱりすごい!)

芸歴50年以上!

こうした方々は、現役を50年以上
続けられている方もいらっしゃいます。

50年と一口に言っても、
修行時代を含めば、
10代、20代、30代、40代、50代、60代を
ほぼこの世界に捧げて
いらっしゃるということ。

西川師匠の大阪への愛や、
オール阪神・巨人さんのダンディさと
掛け合いと顔芸の素晴らしさ、
ザ・ぼんちのおさむ師匠の壊れっぷりなど、

完成を通り越した、続けていることの
すごみといったものをたっぷりを
味わわせていただきました。

クオリティが高いというより、
ご自分たちの信念を貫き続けている
確信度の高さと
いうか、
「笑わせたい!」という思いで50年以上来ました!
という姿勢がにじみ出ている
ような
芸を拝見して、本当に感動でした!!
(お約束に、現在のテイストをまぶしていて
 若い観客も、げらげら笑っていました!)

吉本新喜劇の起承転結

また久々に、吉本新喜劇を見たのですが、
(1時間くらいの人情物のお芝居です)

起承転結がシナリオに完璧に反映されていて
(ここらへんも、名人芸ですね)
安心してみることができました。

・起:若手(?)の冒頭の小芝居から、
   徐々に今日のお話の主題へ

・承:困りごとが広がり、
   どうしよう!?どうしよう!?となる

・転:困りごとを急にトンデモない方法で
   解決しようとするが…うまくいかない!

・結:物語が一気に収束、最後に
  どんでん返しでハッピーエンド!

すち子のパワーが本当に素晴らしかったです!
元気もらえます。

110年以上続く、人を元気にしてくれるお笑い

吉本興業には、110年以上(!)の歴史があり、
古くは初代桂春団治、横山エンタツ・花菱アチャコ、
柳家金語楼等から、

現在の西川きよし、明石家さんま、ダウンタウン、
今田耕司、東野幸治、月亭方正、ナインティナイン
などを輩出した、お笑いの一大企業です。

戦地で兵士の慰安などもしていたそうで、
人を無条件に元気にしてくれるお笑いの
必要性を改めて感じました。

皆様も、お笑いの本場に行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました