帝王学の錬金術

陰陽五行論

ビジネス陰陽師の吉川です。

今日は、帝王学で紹介されている
錬金術の紹介です。

錬金術は、与える側に回ること

帝王学では、「錬金術」、つまりお金を生むには、
まず与える側に回ることだと定義づけられています。

「これが欲しい」「これをください」ばかりだと
大きなものは循環してきません。

最初に与えるから与えられるのです。

与えて空白になったスペースに、
新たなより良いものが循環し与えられてくるので
まずは「与える側」になることが何よりも
大切だと説かれています。

周りにスモールプレゼントをする

つまり、
「代償の先払い」が錬金術の基本になります。

そして最も早いのが、まずは
「スモールプレゼント」をすること。

お菓子を配る、お土産を買っていくなど、
高価なものでなくて良いので、
身銭を切って、周りの人に与えることです。

スモールプレゼントをすることで、
悪い因縁の浄化ができ、
浄化されたきれいな存在の元に求心力が生まれ、
結果的にお金・愛情・人脈・チャンスを
引き寄せる、とされているのです。

それでは、そうしたお金もない人は
どうすればいいでしょうか?

お金がなければ愛を与える

どうしてもお金がない場合、
無形の愛や優しさを与えましょう。

仏教の「お布施」には、
智慧や財力がなくても、
見返りを求めることなく善行を行うことで、

よい運を授かり、幸福がもたらされると
言われる、7種の「無財の七施(しちせ)」が
ありますのでご紹介します。

1.眼施(げんせ)
 やさしい眼差しを持って人に接する

2.和顔施(わがんせ)
 やさしい微笑みをもって人に接する

3.愛語施(あいごせ)
 思いやりを持った言葉で人に接する

4.身施(しんせ)
 身を持って思いやりを示す

5.心施(しんせ)
 心を込めて思いやりを示す

6.床座施(しょうざせ)
 人に場所や席を快く譲る

7.房舎施(ぼうじゃせ)
 人に宿泊や休憩の場所を快く提供する

こうして愛を与えることで周りの人を
気持ちよくし、巡り巡って自分に返ってくる
ということなのですね。

できることから是非やってみてください。

コメント

  1. […] ↓↓↓↓↓帝王の錬金術 […]

タイトルとURLをコピーしました