帝王は変化を恐れない

陰陽五行論

ビジネス陰陽師の吉川です。

今日は、私の師匠のお話です。

陽転者(ようてんしゃ)の先生

私の帝王学、陰陽五行論の先生は、
密教阿闍梨様であり、
年収がとんでもない会社経営者でもあります。

いわば、精神世界と現実世界の両方を
極めた陽転者(ようてんしゃ)。

陰陽五行論には、
陰転(いんてん)、陽転(ようてん)という
言葉があり、
与えられたお役目や才能・資質を
活かしきって

世の中で、その存在の輝きを放つ者を
陽転者と言います。

ご本人は
「私が陽転しているかどうかは分かりません」
とおっしゃいますが、
先生は明らかに陽転者だと思います。

変化を恐れず、どんどん変えていく

この先生は本当に変化を恐れない人で、
むしろ自分からどんどん
利益を上げていたり、うまくいっていることの
スキーム(仕組み)を変え、
変化し続けていきます。

・配下の会社の統廃合を繰り返し
・自分がトップの会社さえ辞め
・数千人の弟子のいる講座の形態を毎年変え、

現状にしがみつかず、
変化することを微塵も
恐れていないように見えます。

ただ、変化していくと周りからは当然、

「うまくいっているのになぜ変えるのか?」
「これからどうなるのか不安だ」
「変化についていくのが大変」

という声が挙がるでしょう。

それでも今に固執せず、
常に自分の信じるところに向かって
変わり続けていく先生は本当に格好いいと思います。

帝王は変わることを恐れない

実は変わることには、人間は根本的な
恐怖を覚えます。

それは原始時代からある本能です。

今まで安全に暮らしていた場所から出て
新しいことを始めたり、
新しい世界に旅立ったりするのは
命の危険に直結します。

だから生きるために、
そこそこうまくいっているのであれば
今を維持したいという思いが強烈に働きます。

だからこそ、変わっていくこと、
今までのポジションを捨てることは
どんな人にとっても恐怖です。

そしてそうした恐怖を持ちながらも、
リスクをとって新しい世界に進み続ける人は、
強烈に人を惹きつけ、魅力を放ち続けるのです。

物語の主人公が
「今の暮らしを維持したいから、
 旅に出るのはやめよう」
といってしまうと、魅力が全く出ません。

帝王は変化を恐れつつも、恐れを受け入れ
変わり続けることができる人。

あなたも良かったら何かを
変えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました