人が本当に求める「Life Force 8」

ビジネス&マーケティング

ビジネス陰陽師の吉川です。

今日は私のやっている「ビジネス読書会」で
何度か取り上げている名著
「現代広告の心理技術101」から
非常に役立つ考え方を紹介します。

現代広告の心理技術101

ダイレクト出版の出版物の中で
結構売れ筋だと思うのですが、

「現代広告の心理技術101」
(ドルー・エリック・ホイットマン著)を
今日は取り上げたいと思います。

この中で、私も感動した考え方で
「Life Force 8」(ライフ・フォース・エイト)
というものがあります。

この考え方を、文章を書く際や
マーケティングをする際に取り入れると
成果を非常に上げやすくなります。

「Life Force 8」とは?

「Life Force 8」(ライフ・フォース・エイト)とは、
日本語では「生命の8つの躍動」という意味で、
人々が生きていく上で欲しくて仕方がない、
というか本能的にほぼ無条件に求めるものです。

したがって、このLF8に訴えかける
文章や広告を作ると、人々が絶対に
読みたくなるような文章ができる、ということ。

以下がその8つの力です。

①生き残り、人生を楽しみ、長生きしたい
②食べ物、飲み物を楽しみたい
③恐怖、痛み、危険から逃れたい
④性的欲求(異性が欲しい、モテたい、愛されたい)
⑤快適に暮らしたい
⑥他人に勝り世の中に後れを取りたくない
⑦愛する人を気遣い、守りたい
⑧社会的に認められたい

いかがでしょうか?
どれか一つ欠けても、大きな悩みに
なりそうなものばかりですよね。

LF8を意識したビジネスの例

このLF8のどれかを元に文章や広告を作ると
人々を強力に惹きつけます。

例えば、②おいしそうな食べ物、飲み物の写真は
多くの人を惹きつけてしまいますし、
グルメ番組はテレビでも非常人気がありますね。

飲食業は一大巨大産業です。

④性的欲求でも、恋愛や婚活というところでは
当然のように、
巨大なビジネスが生まれています。

こうしたLF8を満たす場面を、
具体的にイメージさせる広告を出すと
人々を惹きつけることができるのです。

その他の「9つの欲求」とは?

この本では、LF8のほかに、「9つの欲求」を
挙げてはいます。
しかし、LP8が本能にダイレクトに響くのに
比べて、どうしても弱い印象です。

「9つの欲求」は下記になります。
①情報が欲しい
②好奇心を満たしたい
③身体や環境を清潔にしたい
④能率よくありたい
⑤便利であってほしい
⑥信頼性、質の良さが欲しい
⑦美しさと流行を表現したい
⑧節約し、利益を上げたい
⑨掘り出し物を見つけたい

まあこちらも参考にしつつ、LF8を
押さえた広告、文章を
作るように工夫してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました