結婚・離婚の幸せは自分で決める

日常や趣味等

「実は私も離婚しまして…」

離婚して、家に一人になったので
色々と片づけをしたり、
古い家具を買い替えたりしています。

そうすると家具の配達人の方や
不用品の回収人の方が
ウチに来るので少し話をします。

回収人の方だと、

「お引越しですか?」

「いやー、一人になったので
 荷物整理をしようかと。。。。」

「あー、そうなんですね。
 実は私も離婚していまして、、、

意外と一人が多い事実

立派に仕事をされている
方たちなのですが、
お話ししてみると

・結婚していたが、すでに離婚
 (もう結婚する気はない)
・結婚していない(する気もない)

のどちらかのパターンが
非常に多かったです。

また、周りの人にも
離婚したり結婚していない人は
普通にいて全く珍しくないですね。

ここで統計を見てみると、
50歳時点で一度も結婚をしたことがない人の
割合を生涯未婚率と言います。

2018年度に、この生涯未婚率が
男性23.4%・女性14.1%と、
過去最高を記録したそうです。
(このまま増加していくと、2030年には
 男性が28.5%、女性は18.5%にまで
 増加してしまうと考えられています。)

また、2018年の例でいうと
婚姻件数は約59万件に対して、
離婚件数は20万7000件程度になるので
離婚自体は珍しくないのですね。

幸せの形は自分で決める

月並みなのですが、
結婚観について、どうあるべきかを

自分の意思で選択しても、
心情的にも社会的にも
許されるようになってきたのかなと
思います。

・結婚に対する「しなければならない」
 (結婚はするもの)という
 義務感の減少

・離婚に対して「離婚してはいけない」
 (夫婦は添い遂げるもの)という
 罪悪感の減少

幸せの形は、自分で体験してみて、
考えて決めればいい。

ある程度形が決まっていた方が
考える必要がないので楽ですし、
自分で考えても正解はないので
悩むことにはなります。

自分で決めるほうが、
人間らしくていいな、と思ったので
これを書いてみました。

あ、(とってつけたようですが)
陰陽五行論では、

「結婚は全く異なる人間同士が
 結びつくことで、成長につながる。
 成田離婚(すぐに離婚)でもいいから
 1回は結婚したほうが良い」

となっています。(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました