陰陽五行論を学ぶメリットとは?

陰陽五行論

陰陽五行論を学ぶと何がいいの?

「陰陽五行論を学ぶと何がいいの?」
「何が変わったの?」

良く聞かれるので、
これに答えてみたいと思います。

大きく3つに分類してみました。

まずは自分や人の宿命が読めること

1.人の宿命が読めるようになること

まずはこれですよね。

・人や自分の長所や課題
・生まれ持った使命(生きる目的)
・才能の活かし方や
 活躍するべきフィールド
・弱点が何で、どのように
 克服すると良いのか
・進むべき方向性
 気を付けるべきポイント
・どんな人と組むと良いか
 どんな人には注意か
・人と人との相性はどうか

そうしたことが分かりますので
自分や他の人の知らない一面を発見し
人生を生きていく上での大きな
アドバンテージになります。

時代やバイオリズムが読めること

2.時代や日本の進んでいく方向や
 自分のバイオリズムが分かること

これからの世の中が
どう動いていくか、

それに合わせて
自分がどう動いていくべきか

先の読めない未来だからこそ、
こうしたことを知って
指針を得ることができます。

・その年やその月で注意すべきこと
 どんな年や月になるか
・国がどのような方向に
 進んでいくのか
・今の時期に攻めるべきか、
 守るべきか
 (自分のバイオリズム)
・いつ起業すべきか、
 結婚すべきか

時流に合っていないとき、
自分のバイオリズムが
下がっているとき、

一生懸命頑張ることは
かえって裏目に出る
ことにもなります。

時には落ち着いてじっくりと
態勢を整えたり、

攻めるべき時には守りを考えず
ガンガン行くこと。
そうした潮目の読み方が
分かりますね。

物事を多面的にとらえられること

3.球体思考が身に着くこと

モノゴトは1つの面だけで
とらえるものではありません。

例えば大きな病気になることは
通常は「悪いこと」です。

でも、病気になったおかげで
健康の大切さが身にしみてわかり
それ以降、体を鍛え、
食べるものに気を付け、
適度な運動をし、睡眠を適切にとり

治ってからずーっと
健康でいられたとしたら、、、

病気にかかったことは果たして
「悪いこと」だったのでしょうか?

あくまで解釈論ではあるものの
起こったことが
将来どのような意味を持つのかは
すぐには分からないものです。

だからこそ、
多面的な、そして球体思考を
身につけておくと
様々なことに一喜一憂しないで
済むようになります。

もちろん、喜怒哀楽をしっかり
出すことは大事です。

しかし、
いつまでもそれに囚われるなよ、
ということです。

個人的にはこの球体思考が
身に着いて、

色々なことをフラットに
とらえられるように
なったのが
一番大きいと思っています。

鑑定でそんなお話をすると
「本当に楽になりました」
「もっと早く知りたかったです」

等と言われることも多いですね。

これから必要な学問だと
思いますので、陰陽五行論を
たくさんの人に知って
いってほしいなと思います。(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました