モテ力もビジネス力も、「メタ思考」でアップ!

ビジネス&マーケティング

「何でもいい」は何でもよくない

「何を食べたい?」
「何でもいいよ」

男性がデートでこの言葉をうのみにして、牛丼チェーン店に連れて行くとアウトだ。

「何でもいいって言ったじゃないか」と言っても遅い。

なぜなら「何でもいい」はその言葉通りの意味ではないからだ。

発言の「背景」を読んでみよう

女性の場合は、

  • 食べたいものを真剣に考えるのは面倒
  • できれば、オシャレで美味しいものが食べたい
  • 男性側にいい感じのお店に連れて行ってほしい
  • 男性の提案力やリサーチ力を見たい
    (今の状況や疲れ具合、私の好みから、考えてほしい)
  • できれば、2-3の選択肢から選びたい
  • 近いほうが嬉しい
    (遠かったり、待つのならよっぽど美味しい店がいい)

といった背景があることがほとんどだ。
こうした発言の背景(コンテキストと言う)を理解した上での対応が必要だ。

状況にもよるが、模範解答の一つとしては、
「この近くなら、美味しいパスタ屋さんと、お寿司屋さんがあるけどどっちがいい?」
となる。

「メタ思考」でモテ力やビジネス力が上がる!

最近「メタ思考」を意識するようになった。

「メタ」とは「より上位の」とか「高次元の」という意味である。

だから「メタ思考」とは、「上位概念での思考」、「次元の高い思考」のことを指す。

同じ次元だけで物事を考えるのではなく、一つ上の視点で見ることだ。

相手からの言葉は、必要な情報が欠落していることも多い。

言葉を、言葉通りに受け取るから、すれ違いが起きるのだ。
(逆に、言われたままをやらないから怒られることも、もちろんある)

本当の言葉の意味、適切な対応ができるための方法の1つは、
「なぜ相手がそう言っているか」を考えること。

全ての言葉で考える必要はないが、その癖をつけるとモテ力もビジネス力も上がる。

言われたことだけをしていては、成長がない

例えばビジネスの現場で、先輩に「この資料のコピーを30部取って」と言われたとする。
単純に30部コピーして渡すのももちろん正解だ。

しかしここで「なぜだろう?」と考える。
もちろん目的を聞ければ聞いたほうがいい。

しかし、

  • 時間がなくて聞けないことも多い
  • 「なぜですか?」を連発すると、相手を問い詰めることになる。
  • 「やりたくないのか」「うるさい奴」「自分で考えろ」と思われてしまう。
  • 仮説を持つ癖をつけないと自分が成長しない

といった理由から、手持ちの情報で推測することも非常に重要になってくる。

例えば、

  • 午後から重要な会議があって、お客様がいらっしゃる
  • 高齢の人もいる
  • 資料は上から順を追って説明するもののようだ

といったことが分かれば、

  • カラーコピーで、縮小コピーはしない
  • 順番が崩れないようにホチキス止めにする
  • 会場の用意もあるから今すぐやる

というやり方になるかもしれない。
(もちろん、こうしたほうがいいか先輩に確認するべきだ)

言われたことを言われたままにするのではなく、「なぜそう言っているのか」という視点、つまり上位の目的を考えること。

これがメタ思考の一歩目となるのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました