年代ごとの生き方アドバイス ~女性編~

陰陽五行論

ビジネス陰陽師の吉川です。

昨日に続き、陰陽五行論の
年代ごとに「こう生きるといいですよ」
というアドバイス、女性編です。

今日の陰陽五行論講座で好評!

昨日と今日の、
陰陽五行論の生き方指南。

コチラを「ビジネス陰陽五行論講座」で
お話しさせていただいたところ、
「とても考えさせられます」
「参考になります」
と非常に評判がよかったですね。

トップの写真は、講座の様子・・・

男女別、年代の生き方とは?

昨日書いた内容ですが、
載せておきます。

陰陽五行論では、5つの年代ごとに
五行で生き方をアドバイスしています。

1)子ども時代 火性
2)青年時代 木性
3)中堅時代 金性
4)リーダー時代 土性
5)晩年の時代 水性

しかも、男女で陽と陰に分けて
それぞれの生き方が異なると
定義づけているのです。

今日は女性へのお勧めの生き方を
お話しします。

女性におススメの生き方

1)子ども時代
火性の陰の生き方になります。

間接的な表現力や感性を強めること、
個人的な範囲や、
いつでも一人でできることに
取り組んでいくことがポイント。

一人でも遊べる環境で
寂しさを感じない心を作るように、
おままごと遊びや、お絵描き、
ピアノ、茶道、華道などを学ばせる
ことが良いことになります。

2)青年時代
木性の陰の生き方になります。

周囲の人と協調や妥協、協力関係を
形成することが大切なポイントです。

我の強さがあっても、
表面上は自我を柔軟に発揮し、
社交辞令をうまくすることです。

人間関係の作り方を実践していく
ような生き方が良いでしょう。

3)中堅時代
金性の陰の生き方になります。

夫、もしくは組織の長の補佐を
全力でやる役割を果たすことが
ポイントです。

決して邪魔する事なくサポートに
徹することが大切で、

「内助の功」を発揮し、
サポートした夫や組織の長が
仕事の世界で順調に出世していく
ような生き方が良いとされます。

4)リーダー時代
土性の陰の生き方になります。

日々の継続を図り、
家庭的範囲の安定と平和を
作り出していくのがポイント。

堅実な積み重ねの中に良好さが生まれ、
準備やまとめに能力や才能が発揮され、
大きな成果(物ごとやお金)を
形成・蓄積していくような
生き方が良いのです。

5)晩年の時代
水性の陰の生き方になります。

静的な学びにシフトしていく
ことがポイントです。

家族や身内の人々から、
家系の常識や伝統、在り方を
深く学び直し、次の世代に伝えて
いくような生き方が良いとされます。

宿命によらず、立場が人生を豊かにする

こうした、立場の変化による
生き方を心掛けると、より豊かな
人生を送ることができる、

と陰陽五行論では、教えています。

本当に色々と考えさせられますね。

写真は、もはや別に
夫婦ではないですが、
行ってみた夫婦岩にて。

コメント

タイトルとURLをコピーしました