年代ごとの生き方アドバイス ~男性編~

陰陽五行論

ビジネス陰陽師の吉川です。

今日は、実は陰陽五行論では
年代ごとに「こう生きるといいですよ」と
アドバイスしているので、
そのお話をしたいと思います。

年代ごとの生き方アドバイス

陰陽五行論を学んでいると、
本当に人生や、生活に役立つ知恵が
詰まっているなと思うことが
多くあります。

その中で、年代ごとに
「こう生きるといいですよ」と
アドバイスしているので、
今日はご紹介しますね。

陰陽五行論の人生指南です。

男女別、年代の生き方とは?

陰陽五行論では、5つの年代ごとに
五行で生き方をアドバイスしています。

1)子ども時代 火性
2)青年時代 木性
3)中堅時代 金性
4)リーダー時代 土性
5)晩年の時代 水性

しかも、男女で陽と陰に分けて
それぞれの生き方が異なると
定義づけているのです。

今日は男性へのお勧めの生き方を
お話しします。

男性におススメの生き方

1)子ども時代
火性の陽の生き方になります。

仲間や友人の中で、集団の中で
相手を求めて動くことがポイント。

皆と常に一緒になって
成長していくような遊びや学び、

つまり、鬼ごっこやドッジボール、
野球やサッカーなど、
団体でやる遊びやスポーツを
存分にやるのが良いことになります。

2)青年時代
木性の陽の生き方になります。

しっかりとした個の確立を
果たすことがポイントです。

独りで旅をしたり、
自分とは何かを追い求めたりして、
自立心、独立心、自己の立場を一人で
守りきるような生き方が良いのです。

3)中堅時代
金性の陽の生き方になります。

組織の長にしっかりとお仕えし
サポート役に徹するのがポイント。

補佐役を務める立場を
一生懸命果たし、時には身を粉にして
働くような生き方が良いのです。

(そうすると、
 自然と上から引き揚げられ、
 リーダーになっていきます。)

4)リーダー時代
土性の陽の生き方になります。

多くの人に寄り添い、
清濁併せ呑むようなスケールの
大きいリーダーになるのがポイント。

大きな愛を持って、
組織のメンバー1人ひとりに
向き合いながらも、
自分の意思を実現していくような
生き方が良いのです。

5)晩年の時代
水性の陽の生き方になります。

自身で納得しながら学び、
体得していくことがポイント。

今までの人生を振り返り、
やり残した旅や学習をし、
一生成長し続け、人格を完成させて
いくような生き方が良いのです。

宿命によらず、立場が人を育てる

それぞれを象徴する星が
宿命にあろうがなかろうが、

今までお話ししたような生き方を
することで、どんどん力をつけ
豊かな人生を送ることができる、

と陰陽五行論では、教えています。

こうした考え方も非常に面白いですね。

参考になりましたでしょうか?

女性編のお話も別途したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました