2021年9月はどう過ごすと良いのか?

陰陽五行論

ビジネス陰陽師の吉川です。

最近涼しくなり、
秋らしくなってきました。

毎月の頭にお話ししていますが、
今日はこの2021年9月をどう過ごすと
運が上がりやすいか、をお話しします。

毎月の指針のお話について(注意!)

毎月書いていることですが、

この記事は全員に当てはまるように
お話ししていきますが、
その人の宿命との共鳴度合いも
あるので、

人によっては
すごくラッキー月にも
アンラッキーな月にもなります。

あくまで全体的な傾向として
ですが、この内容を押さえておくと、
その月を過ごしていくときの
指針になりますのでご注意下さい。

相手の立場に立って物事を考えると良い

2021年9月は、
8月の「感性や直観に従って動く」から変わり、
相手の立場に立って物事を考え、動くのが
良いようです。

9月は、自分の思い込みで行動することが
多くなり、そのための誤解や失敗が
生まれやすいのです。

ついつい、相手を自分のペースで
動かそうとしてしまいがちなのですが、
当然その通りになる人ばかりではありません。

時には思わぬ逆襲を受けてしまうことも
あるでしょう。

だから、自分勝手なふるまいを戒め、
相手の立場に立って物事を考えることで
物事がうまく進みやすいのです。

逃げ隠れはできない

また、2021年9月は、
仲秋の名月(お月見の満月)という
別名もあり、頑張っていると
他の人から注目されやすい月になります。

ここで、
「いや、私なんて」
「あまり目立ちたくない」

と後ろに下がったところで、空にある
満月のように輝いてしまいますので
どうしても目立ってしまいます。

目立つのは仕方ない、と割り切って
思い切って人前に出る機会を
活用してください。

素直に学ぶ、また友人を厳選する

これは毎月言っている気もしますが、
2021年9月も、学ぶことで
運気が上がっていきます。

単に仕事に関連する勉強やお金のための
勉強だけではなく、
心を豊かにする良き教養や知性を身につける
ような勉強もしてください。

文学、歴史、お茶やお花、俳句や哲学などなど。
秋の夜長にいかがでしょうか?

そして、今月は人の影響を受けやすいので
尊敬できる方や、人柄の良い人と一緒に
過ごす時間を多めにとってください。

瑠璃の燈光(るりのとうこう)

2021年9月には「仲秋の名月」以外に、
「瑠璃の燈光(るりのとうこう)」
という別名もあります。

これは、黄昏時の暗闇をほのかに照らす光。
宝玉の光をイメージさせる人、です。

美しい生き方や、良い環境にいることで
この光はより輝きます。

9月も一日一日を、しっかりと
過ごしていってください。

今回も、ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました