もしも徳川家康が総理大臣になったら!?

速読・名著・読書

ビジネス陰陽師の吉川です。

久しぶりに面白いビジネス小説を
読みふけってしまいました。

べらぼうに面白いビジネス本!

たまたま、ホテルのフロントに
置いてあった本に気づき、
何気なくパラパラめくってみたら、
お、面白すぎる、、、

目が釘付けになりました・・・

そのまま、部屋に戻らず、ロビーで
読みふけってしまい、
一気に読んでしまいました。

(速読できると便利です!)

もしも徳川家康が総理大臣になったら

フィクションではありますが、まさに
今年のコロナ対応に関わる、
こんなお話です。

2020年。
新型コロナの初期対応を誤った
日本の首相官邸でクラスターが発生。
あろうことか総理が感染し、死亡する。

国民は政府を何も信頼しなくなり、
日本はかつてないほどの混乱の
極みに陥った。

そこで政府はかねてから画策していた
AIとホログラムにより
偉人たちを復活させ最強内閣を
つくる計画を実行する。

AIにより選ばれたラインナップは

・総理大臣 徳川家康
・経済産業大臣 織田信長
・財務大臣 豊臣秀吉
・厚生労働大臣 徳川綱吉
・法務大臣 北条政子
・外務大臣 足利義満
・内閣官房長官 坂本龍馬

すごすぎるラインナップ!!

トンデモない決断力と実行力

肚が座りまくっている彼らの内閣は、
「最強内閣」と呼ばれ、

迅速な意思決定で、
東京ロックダウン、50万円給付金、
リモート国会、令和版楽市楽座、
リモート万博など、

大胆な政策を次々と実行していきます。

最初は「過去の人間に政治ができるのか」と
半信半疑だった国民も、
偉人たちのえげつない決断力と実行力に
次第に歓喜し、酔いしれていくが……。

というお話。
ワクワクしました!

日本の政治に足りないもの

「国民全員を幸せに!とか耳障りのいいことばかり言って
 誰も責任を取らない国になってしまった」

「政治は、国民の自由と
 少しの不自由のバランスをとるもの」

「人が死ぬのを0にすることはできない。
 しかし少なくすることはできるから
 最も有効な施策をする」

などなど、
普段は政治家が絶対に言えない言葉を
連発し、日本を改革していく最強内閣。

・これからの日本のグランドデザイン
 (進むべき道のビジョン)
・そのグランドデザインを実際に
 作っていく覚悟と実行力

この2つが日本の政治に必要なんだなと
改めて考えさせられました。

普段と思考回路や発想が変わる本ですので、
(コンサルタントは極端な仮定を使い、
 発想を飛躍させます)

少し分厚いですが、是非読んでみてください!

ビジネス小説 もしも徳川家康が総理大臣になったら

コメント

タイトルとURLをコピーしました