売上を、減らそう。の佰食屋ステーキの実際の味とは?

ビジネス&マーケティング

ビジネス陰陽師の吉川です。

以前、読んで気になっていた
「売上を、減らそう。」

今日は、実際にその佰食屋さんのお店に
行ってきた時のお話です。

本を読んでわかった気にならないこと

本を読んだりネットで見て「おお!」という
情報があったら、極力自分でやってみたり、
行ってみたり、体験してみるのがいいですね。

怖いのは、「分かった気になること」

他の人の解説を読んだり、
まとめられた動画を見たりして
全てをつかんだ気になっていると危険です。

実際に行動し、体験した人は一次情報に
触れることになりますので、

その人が「実は●●だった」と言うと
反論は全くできないわけです。

(現実論として、すべてやってみることは
 無理ですが、姿勢としては
 自分でやれることはやろう、という感じです。)

国産牛ステーキ丼の専門店「佰食屋」とは?

「佰食屋」(ひゃくしょくや)さんは、
国産牛ステーキ丼の専門店。

その名の通り、1日百食分の定食を売り切ったら
本当にお店を閉めてしまいます。

メニューを絞り、原材料費に多くのお金を回し
さらに提供数が決まっていることで
冷凍ものをなくす。(店に冷凍庫はありません)

それを徹底することで、
次のようなメリットがあるのです。

・限定性・話題性が生まれ集客しやすい

・原材料費に多くのお金を回し、また冷凍庫ものを
 なくしていることで、非常においしい
 コスパがいい。

・残業がなく、早く売り切れば早く帰れるため
 従業員が「よし、頑張って売ろう!」
 というマインドを持つ

マスコミなどでよく取り上げられるので
勉強熱心なあなたは
知っているかもしれませんね。

実際に食べに行ってみたら…

そして、先日偶然ではあったのですが、
佰食屋さんに食べに行く機会がありました。

知り合いに9:30~整理券を取ってもらい
(ランチを食べるために、いったん整理券を
 入手する必要があります。

 整理券は、毎日AM10時にはなくなるほど
 倍率は高いです)

整理券に記載された時間に行くとすぐに
食事ができました。

メニューは、
・ステーキ丼
・おろしポン酢 ステーキ定食
・ハンバーグ定食
の3種類に絞られています。

このうち、ステーキ丼と単品のハンバーグを
食べたのですが、両方とも
非常においしかったです。

本当に、ご提供いただいている値段だと
「安い!」となる品質でした。

原価に一般的な飲食店より、多くのお金を回し、
さらに冷凍されていない肉を使っているし、

メニューの種類が少ないため、
研究が行き届いているのか、調理加減や味付けも
非常にいいなと思えます。

ジューシーな肉汁がじわっと口の中に
広がった後、しっかりとお肉の味を楽しむことが
できました。

この味で、この価格は本当にコスパが良かったです。

これからはやはり、こうしたお店が
生き残っていくんだなと思わせてくれた
非常に貴重な体験でした。

是非「売上を、減らそう。」を読んでから
実際に佰食屋さんに食べに行ってみてください。

「佰食屋」さんはコチラから↓↓↓↓

国産牛ステーキ丼の専門店「佰食屋」

コメント

タイトルとURLをコピーしました