突き放すのがその子のためかもしれません

陰陽五行論

ビジネス陰陽師の吉川です。

本日は、子供の育て方は千差万別、
その子に合った育て方をしたほうが
良いという話です。

親が子どもにしてあげられるのは4つだけ

以前も書いたかもしれませんが、
子育てについて陰陽五行論では、

「親が子どもにしてあげられるのは4つだけ」

という言葉があります。

その4つとは何でしょうか?

1)衣
2)食
3)住
4)その子に合った育て方

衣食住を与えるのは当然のことながら、

大事なのは、
4)その子に合った育て方、となります。

突き放すのがその子のためかもしれません

陰陽五行論では、子どもの宿命ごとに
最も適した育て方が異なる、と定義しています。

例えば、

・平和で安定した家庭では伸びない。
 つまり、「自分がしっかりしなきゃ」と思える
 環境でこそ伸びる。
 過保護に育てると、単なる頑固者となってしまう。

→あえて一人にさせて放置する、
 一人の時間をしっかり持たせ考えさせる、
 という育て方がベストになります。

・平均外の家庭に育つこと、常識外であるほど良い。
 自己の環境に疑問を感じたり、
 不思議を感じることで、物事を知りたいという
 好奇心が育つ(観察眼となる)。

→知的好奇心を持った時、その好奇心をとことん
 突き詰めて追求させてあげること、
 「なぜうちはこうなのだろう?」と悩むような
 家庭環境に身を置かせること、がベストな
 育て方になります。

・同じく平均的な家庭であることが良い。
 また庶民的で平凡な両親であることも吉。
 毎日を派手でなく堅実で、明るく安定した中で
 伸びる。
 愛情を育むために、言葉と態度で愛情を与えること。

→こうした子どもはいくら可愛がっても大丈夫。

これくらい、子どものベストな育て方は異なるのです。

うちの子は大丈夫でしょうか?

鑑定をさせていただいていて、よくあるのが

「うちの子どもたちが、
 全然タイプが違っているのですが、
 育て方はこれでいいでしょうか?
 間違っていませんか?」

というご質問。

そこで、お子様がたの宿命を拝見して
一人ひとりに合った育て方を
アドバイスしています。

・エネルギッシュで、活動的な子
 (暑苦しいくらいパワーのある子)
・庶民性が非常に強い平均的な子
・芸術家肌の子

そうしたタイプがはっきり出るので、
その子の個性を殺さないよう、
また、最も合う育て方について
お話ししています。

そうすると、
「あ、やっぱりそういう子なのですね。
 他の子と違うので心配でしたが、
 分かりました。もう安心です」

そう言っていただくことがたくさんあります。

親御さんが、こうした子育ての理論を
知っているだけでも、
不幸な子育てを減らすことができると思います。

こうしたことも、今後広めていきたいなと
思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました