タイムヴァンパイアをブロック!社長のための時間の使い方

ビジネス&マーケティング

ビジネス陰陽師の吉川です。

今日は時間管理のテクニック本の名著
「社長のための時間の使い方」に
ついてお話しします。

ダン・ケネディの「社長のための時間の使い方」

この本の著者は、
ダイレクトレスポンスマーケティングの
第一人者、ダン・ケネディ。

ダイレクトレスポンスとは「直接の反応」

お客様の直接の反応を見ながら
(効果を測定しながら)
広告を出していき、大きな売り上げを作っていく

という手法では、とんでもない
実績を持っている方です。

そのダン・ケネディ、多くのビジネス書の
ベストセラーを世に出す著作家としても
知られており、

彼の本のシリーズのタイトルには「屁理屈なし」
付いています。
つまり小難しい理屈ではなく、
ダン・ケネディが実践して結果が出た
方法だけを紹介しますよ!という本であり、
きれいごとが一切書いていないのが
ウリなのです。

そんな彼が書いた
「社長のための時間の使い方」

経営者にお勧めする時間管理の方法ですね。

タイムヴァンパイアをブロック!

この本、本当に面白いのですが、
参考になる考え方がたくさん出てきます。

特に「ちょっといいですか?」といって
こちらの時間を吸い取ろうとする
「タイムヴァンパイア(時間吸血鬼)」

ちょっとの時間では終わらないのがこの人たちの特徴です。

だから、この人たちを徹底的にブロックして
自分の時間をしっかりと作りだしなさい
という主張を、この本ではしています。

なぜならちょっとした話でも、
今の作業、仕事を中断されてしまうと
集中力を元に戻すのに大変な時間が
かかってしまうから。

社長ともなれば話しかけられる機会は
多いでしょうから、いかにそんな吸血鬼から
自分の時間を守るかが大事なのです。

具体的なブロック方法とは?


だから、このタイムヴァンパイアを
寄せ付けないための具体策として、

・オフィスに行かない
・メールをやめる
・そもそもスタッフに対応しない
・周りもすぐに分かるほど忙しくする
・話す前に終わりの時間を決める
 タイマーを使ってアラームを鳴らす
 (時限爆弾のセット)
・相手によく考えたFAXを送らせる
 (その場で考えさせない、待たない)
・電話に出ない

など、色々な方法が紹介されています。

仕事ができる人は時間をブロックしている

確かに、いちいち自分の仕事を
中断させられるとつらいものがありますよね。

自分のことを考えると、
一人で集中できる環境に行ったり、
「◎時までしか打ち合わせできないけど
 大丈夫ですか?」
とお尻の時間を決めたりなど、
ブロック戦術を使っていますね。

他にもたくさんのテクニックが紹介されている
良い本なのですが、
タイムヴァンパイアをブロックする!
というのはリモートワークが
増えた今、非常にやりやすいと思います。

仕事に集中できない!という悩みがある方は
ここから手を付けてみるのはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました