エニアグラム タイプ4は独自の世界を追求する芸術家

エニアグラム

ビジネス陰陽師の吉川です。

今回は、エニアグラム タイプ4の紹介です。
エニアグラムの記事を連続投稿ですね。

タイプ4は独自の世界を追求する芸術家

今回はエニアグラム タイプ4を
解説したいと思います。

タイプ4を簡単に言うと、
「独自の世界を追求する芸術家」。

アーティストやミュージシャンなどの
独自の世界観を持っているタイプです。

アーティストやミュージシャンでなくても
自分の世界をしっかりと持ち、

「自分はなぜこれが気になるのだろう」
「自分とは何か?」

をとことん追求していくような
性格の方です。

自分の世界観を貫く人

タイプ4の典型は、レディ・ガガのような
自分の世界観を貫く人。

人にどう思われるかは関係なく、
自分がやりたいからやるし、
興味のある世界をとことん追求する人です。

自分は本当はどういう人間なのか?
究極の興味はそこにあります。

周りの世界は、極端にいうと
自分の内面を知るためのツールに
過ぎません。

タイプ4の人にはこんな風な
特徴があります。

・とても感受性豊かで、気分屋。
 感情がどんどん動いていく。

・独自の世界観を持ち、
 ユニークで独創的な想像力が優れている。
 自分は特別な存在だと感じている。

・平凡で人と同じことを嫌う。
 個性が強く、他者の気付かない点を
 新しい視点から発見できる、まさに芸術家。

周りのことが見えない一面も

タイプ4の人は自分の世界を追求するあまり、
他の人のことを気にしない面があります。

・自分のペースを守りたい。
 人に指図されるのは大嫌い。

・自分のことは特別な存在なので
 他の人と同じ扱いだと機嫌が悪くなる。

・落ち込むときには、
 とことん自分の殻に閉じこもる。

・周りの目を気にせず、
 とにかく自分の興味を追求する。

そんな面もあります。

エンターテイナーとして振舞うことで開花

タイプ4の人は、自分の世界を
追求して突っ走ってしまうあまり、
周りのことを置いていきがち。

だからこそ、成長、開花、レベルアップの
ポイントは

自分の世界観を、
周囲の人が興味を持ってもらうように伝え、
周りの人をしっかりと楽しませること。

美意識が非常に強いのに、
周りを楽しませるために、
あえて3枚目のキャラクターを演じること。

周りのことを考えるのが苦手な
タイプ4だからこそ、それができると
大きく成長できます。

真逆の性質、苦手なことにチャレンジ
してこそ、その人の成長につながる、
とエニアグラムは教えてくれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました