ミツバチに学ぶ、人生の目的と役割とは?

陰陽五行論

ビジネス陰陽師の吉川です。

今日は、陰陽五行論で言っている
人生の目的と役割の違いについて
お話ししたいと思います。

陰陽五行論で言う「人生の目的と役割」

「人生の目的が分かりません」
「私は何をして生きていくと
 いいのでしょうか?」

鑑定やコンサルで色々な相談を受けると
本当にこうした質問を受けることが
多くあります。

また逆に
「非常にうまく、自分のすべきことを
 やっているな」

という方は、陰陽五行論などを知らなくても
自然と、自分の人生の目的や役割通りに
いらっしゃる方が多い、ということも
感じます。

私は、陰陽五行論は非常に便利な
ツールだと思っているので、

究極、自分の宿命を知らなくても
しっかりと生きていれば
全く問題はありません。

ただし、自分の宿命や
人生の目的、与えられた役割などを
知っていると楽に生きられたり
ブレずに生きることがしやすいですよ

ということをお伝えはしています。

ミツバチの生きる目的とは?

陰陽五行論では人生の
目的と役割を明確に分けています。

昨日の陰陽五行論講座の中で
そうしたお話しをしていて、
更に分かりやすい例があるので
お伝えしたいと思います。

それはミツバチ。

ミツバチの目的、
特に働きバチの生きる意味としては、

・花の蜜を集める
・幼虫や女王蜂の世話をする
・外的と戦う

といったところになるでしょう。
一言で言えば、「種の存続」

自分の属している群れが
生き残り、繁栄し、次の世代に命を
つないでいけるよう
各個体は、時には命を捨ててでも
群れのために働き、戦うのです。

ミツバチの目的は、
自分の群れを発展させ次の世代に
命をつないでいくこと
だと
言えるでしょう。

ミツバチの果たしている役割とは?

それでは、自然界における
ミツバチの役割とは何でしょうか?

それは蜜を集める際に、
足に着いた花粉を花から花に運ぶことで
植物の受粉を助け、植物の成長や
新しい誕生を助け、

ひいては地球上の命をつないでいく
役割を果たしているのです。

もちろんミツバチは自分のグループの
存続のために働いているので
そうした自然界の摂理は理解していない
かもしれません。

ただ、理解しているかどうかに関わらず
彼らは自分の役割をしっかりと
果たしているのです。

人間の目的や役割とは?

人間も自然界の一員ですので、
ミツバチと同じように、
目的と役割を持っています。

・こんな風に生きていこう
・これが得意だ
・こんな人生にしたい

こうした目的を持って生きてはいますが、
もっと大きな世界や宇宙から見ると
その人の果たすべき役割がある

と陰陽五行論講座では定義づけています。

あなたの人生の目的と、
果たすべき役割は何でしょうか?

少し時間を取って考えてみるのも
良いと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました