20年ぶりの料理再開!豆乳鍋

日常や趣味等

きっかけはタコパ

東日本大震災から10年目の今日、
20年ぶりに、料理を再開いたしました!

きっかけは、図らずもウチでやることに
なったタコパ。
(たこ焼きパーティ)

娘の友人が遊びに来ていたので
「フーン、たこ焼きやるんだ、いいね」

と一歩引いていたら、

「え!?お父さんも焼くんだよ」

と強制参加に。
まあ、楽しかったです。

鍋は失敗しづらい料理

家で何か食べ物を作ったのは久しぶり。

そこで料理も再開する
ことにしました。

まあ、20年ぶりなので
まずは失敗しないように。、、、

鍋にしました!
(実は肩慣らしに、
 ベーコンエッグは作りました!)

今は「鍋の素(鍋つゆ)」という
ステキなアイテムが売っているので

これは大丈夫です!

「豆乳鍋の素」を買ったので
そのレシピ通り、
・白菜
・鶏肉
・にんじん
・おあげ

オマケで
・ねぎ
・しめじ

も豆乳鍋に投入!

ちょっと煮込んで、
すぐに完成!

思いのほかうまくできて、、、
非常においしくいただけました!

料理をするメリットとは?

・買い出しや片付けが大変
・最初、色々そろえる必要がある
・外食の方が時間の節約になる

などなど、デメリットもありますが、
改めて、料理をするメリットが
分かった気がします。

・食器に盛り付けた料理を食べると
 コンビニ弁当とは違い、
 心がすっごく豊かになる
 (食器使うのは大事ですね!)

・手作りはおいしい!
 外で食べるより
 何が入っているか分かり、安心。
 栄養バランスも思いのまま。

・段取りやメニュー、作る量などを
 出かける都合や、出張の都合も
 加味して、考えられる
 段取り力が身につく

(片付けながら料理を
 進めていくのも大事!)

・単純に楽しい!
 みんなで作れば、エンタメになる!

毎食は無理だと思いますが、
できる限り続けていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました