嫌なことからは全力で逃げる

ビジネス&マーケティング

マコなり社長の動画でマインドセット

最近、Youtubeで、
マコなり社長の動画を
良く見るようになりました。

炎上してたり色々ご意見は
あるかもしれませんが、
私はこの方、大好きです!(^^♪

起業家マインドが
すごく刺激されるんですよね。
「生産性が下がると死んでしまう
 呪いにかけられています」

とか、面白すぎ(素晴らしすぎ)ます。

今日は、そんな動画の中で
響いた話をシェアさせてください。

嫌なことをしない仕組みをつくる

さて、20代のうちは
仕事のえり好みをせず、
スキルアップや
世界を広げるために

何でもやってみるべきだと
私は思っています。

ただ、30代後半くらいに
なってくると、

「これは合わない」
「絶対やりたくない」

と思うことからは、
全力で逃げていいと思います。

それをしなくても
仕事ができる仕組みを作る。

あるいは、他の人に任せる。

思い切って仕事を変える。

などなど。
やりたくないことをやらなくて
済むようにする方法は色々あります。

つらい仕事を歯を食いしばって
やってもつらい時間が
長いだけですから。

嫌な人と付き合う時間を減らす

また、
「この人はどうもウマが合わない」

そんな人もいるはず。

一生懸命関係改善に努めるのも
大事だとは思いますが
人を変えるのは難しいです。

自分を変えるしかないわけですが、
本心を押し殺してやるのはつらい事も
多いでしょう。
(ある程度改善を図るべきですが
 エネルギーを取られるだけの人もいます)

だから、そういう人と付き合わずに
済む方法を考えましょう。

関わり合う時間を減らしても
良いと思います。逃げてもいいんです。

ウォーレン・バフェットの幸せ術

世界一の投資家、
ウォーレン・バフェット。

彼の仕事術は有名ですが、
最も幸せな仕事の仕方を
していることでも有名です。

曰く、
「好きな本を読み、
 大好きな人たちと
 大好きな投資について語り合う。
 その時間が大好きだ。

 多くの人は急いで
 金持ちになろうとする。

 でも私にはその必要はない。
 最高の仲間と最高の仕事が
 できているから、
 もらえるお金はこだわりがないんだ」

というようなことを
彼は言っています。

好きなことしかしていないから、
好きな人としか
付き合っていないから、
彼は幸せなのですね。

嫌なことや人からは
全力で逃げることを考えてみるのも、
状況を好転させるのに役立ちます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました