100個の単語を憶える意味とは?

速読・名著・読書

100個の単語を暗記する

本日、もう累計で100名を超える受講者の出た「速読記憶術講座」を実施した。

速読と記憶術を連結し、20分で1冊を速読し、自分に必要な情報を抽出する。
さらに必要ならその内容を記憶する。

そうした講座である。

この講座内で、100個のランダムな単語を憶えてもらうという演習を行う。

するとほとんどの方が、90個以上の単語を暗記して、読み上げたり、書いたりといったことができるようになるのだ。

受講者の年齢は、20代~40代の方が多い。
50代以上の方がいることも珍しくない。

100個の単語を憶える意味とは?

「100個の単語を憶える」というとすごいことではあるが、
「100個の単語を憶えること自体には、あまり意味はない」

と、講座の中でもお話ししている。

そもそもそんなに記憶しなければいけない場面は、実生活やビジネスの上でほとんどないし、もし必要だとしてもリストを持っていれば済む話だからだ。
スマホの中に入れたり、検索したりしてもよいだろう。

自分の頭で大量の情報を覚えておく必要はそれほどない。

それではなぜそんなことをするのか?

その理由は2つある。

みなぎる自信

1つ目は「自分の自信につながるから」

100個の単語を暗記することが自分でできるとは、通常考えない。
それが、多少の苦労は必要ではあるが、できてしまうのだ。

・やってみて、「いける!」と思いました。
・会場に行く電車の中で100個覚えました
・朝起きた時も100個覚えていてびっくりしました

全て今回の受講生の言葉である。
そして実際に達成した後の、受講生の顔つきが変わっているのだ。

「こんなことができた!」という自信である。

私は、その人のセルフイメージは、
「実際に自分ができた」「自分でできるようになった」
という結果を得てこそ、上げられると思う。

アファメーションや、「スゴイ人に習った!」という経験くらいでは変わらないと思うのだ。

脳の容量が広がる

そして、もう一つの理由は、「脳の容量が広がる」こと。

実際、記憶はどれだけ覚えても、一生困らないくらいの容量があるらしいのだ。
世の中には15カ国語を使いこなす人もいる。

記憶のコツをつかむことで、広大な記憶容量にアクセスできる感覚を持てる受講生も多い。

だから覚えること、学習する事のハードルを劇的に下げることができる。

すでに100個の単語を憶えるという体験を積むと、急に

「はい、それではこの20個を覚えてください」

と指示をしても、誰も動揺することなく、記憶してくれるようになる。
一気に能力が拡大するのだ。

あなたもすぐに拒絶せず、まずは枠を超えたものも、受け取ってみてはどうだろうか?

負荷をかけて限界を超えた先に…

あえて脳に負荷をかけ、限界を超える。
一度限界を超えておけば、限界値を上げることができる。

既に一度通った道は、「未知の領域」ではなく、「単なる通り道」となるのだ。

自分の限界に挑戦し、それを超えることで無限の成長を続けることができると、改めて考えさせられた日だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました